2010年03月24日

本当にダメ親・・・


あーあ、ダメ親っぷり、本領発揮。

明日、この大雨だというのに、タイシのクラスは高尾山に遠足。

この夏から続いている、御岳・高尾山に住む天狗とのやりとりの結果、
卒園前に天狗に報告事項を伝えにいくのだとか。

それはいいけど、この大雨。
「レインコートと長靴、必携!」のお達し。

ところがタイシは、長靴、もってない。
18cmが小さくなったっきり、新しいのをまだ購入してやっていない・・・。

ああ、ダメダメだ。
明日、大雨だったらどうしよう。
タイシの小さな足が、ずぶ濡れになって、寒くなったら、かわいそうに。

タイシがひとりだけ、運動靴だったら、なんとかわいそうだろう。

ああ、ダメダメだ。
私に余裕があったら、きっとこんなこと、昼間のうちに気がついて買いに走ってやれたのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなで、いつもの「お隣さん」(同い年の男の子がいる)に助けを求めた夜22時。

長靴はないが、スノーブーツを貸してくれるとのこと。

やさしく親切なお隣さんに助けられて、その場で涙してしまいました。

ああ、子供か!? ご近所さんの親切にいちいち涙して、ああまったく情けない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな夜に、働くお母さんは、仕事をもってる自分を責めるのだろうな。

タイシ、ごめんね、ぎりぎりセーフ。
明日は、雨の中の遠足が少しでも楽しくなるように
早起きして、おいしいお弁当を作るからね。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

あーあ、言っちゃった・・・

オランダ・ドイツより戻りました。


オランダで同行いただいた、リヒテルズ直子さん
オランダ在住の教育評論家です。

いや、「評論家」というより「活動家」に近いかたで、
外から見た日本の教育の問題点をいくつも指摘し、
日本の政治や教育関係者に提言を続けていらっしゃるかたです。 
熱いかたです、ほんとに。

リヒテルズさんに、オランダの教育事情を紹介いただき、
まるまる4日間、あーでもない、こーでもないと、
日本の教育についてディスカッションを重ねるうちに、すっかり共鳴してしまった私は・・・

もののみごとに、最後のアムステルダムの空港で、思わず彼女に言い切ってしまった・・・。


「日本の教育は、我々がなんとかしますから。」


・・・いや、正直にいうと、「我々が」じゃなくて、「私が」といった気がする・・・汗。


ああ、この言葉を吐いて、勝手にその大きなミッションを背負って、帰ってきてしまった。
あいかわらず、私、言うセリフだけは、デカイ・・・汗。


とにかく今回の視察では、
脳天を打ち砕かれるかのような、いくつかの衝撃を受けて帰ってきました。
ひと言では言い尽くせないので、じょじょに語っていこうと思います。

「お産のありかた」でも、「健康と食のありかた」でも、
自分なりに突き詰めて考えた上で、「これだ!」と思えるポリシーを持つにいたったけれど、

「教育」のテーマは膨大すぎて、語りつくせず、
誰か任せの理論のうえに、都合のいい意見だけを言いまわしてきた。 
でも、そろそろ、未熟ながらも、
自分で真理を見極め、自分で語って、そのベクトル上のアクションを選んでいく、
そんなときがやってきたのかなあという気もします。

なにかの流れなのでしょう。
今回の視察で背中を大きく押された、私はきっと、どこかに向かって動いていきます。

とはいえ、さーて、どこから取りかかればいいのやら・・・。
まずは、今回の視察の収穫の共有からでも。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




posted by takonosuke at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事モード!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

子育ての、ひと区切り


タイシが卒園を迎えました。

手作りであたたかみのある、卒園式。

担任の手作りのアルバムや文集、スライド、調理室からのお祝いのケーキ。
途中で退園したお友達が届けてくれた折り紙、職員の人たちの歌声。

立派に卒園証書を受け取って、堂々と歌を歌うタイシの姿に、涙、涙、涙。

あーあ、6年間なんて、あっという間なんだなあ。

もっと味わうつもりで、もっとゆっくり歩くつもりで、
でも、あっという間に、ここまで来てしまった。

取り返せない、ここまでの毎日。
一日、一日が、宝物だったんだなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親は何もしなくても
ただただ、夢中に愛情を注ぎ込んでいるだけで
彼はまっすぐに、上に向かって伸びていく。

親の愛情を食べ放題の、かわいい我が家のちびっこたち。
大きく、大きく、大きくなぁれ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後ろ髪ひかれる想いですが、ママは明日から、オランダ、ドイツにいってきます。
タイシの卒園を見届けて。
ママも、ママらしく、飛んできます。

ちょっとの間、待っててね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by takonosuke at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

寿命が縮まる・・・


1000人パーティー、終わったーーーー!


自己評価、100点! (あくまで自己評価。)

飲んだ暮れて帰って。
3年分くらいのエネルギー、使い果たして。

声も高校生の声変わり期の様相。



こういう仕事のしかたをしていると
「仕事で寿命を縮めてるなーーーー」と思います。



それでも私は仕事をしてる。
それでも私は、まだ走る。


おやすみなさい。
今日もよく働きました・・・・・。


明日から、また私は、お母さん。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事モード!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

絶妙なハードル感


「いつも絶妙な高さのハードルが、次から次へと設定されていく」

10数年この会社に勤めてて、ときどき、そう思う。

私は、そのハードルを越えれば越えるほど。
夢中になって走れば走るほど。
仕事の中で自由になっていける感覚がある。

「がんばればできなくもない」「なんとかやれば、やりぬけるかもしれない」くらいの
絶妙なハードル感。

越えるたびに、成長していく自分がわかる。
おもしろすぎて、仕事はやめられなくなっていく。

・・・これが、会社の戦略か!?と疑わしくも、なる、笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近の第1ハードル。

4月から小学1年生の担当に決まった。
うー、たまらん! タイシとともに、1年生だ。 もちろん、希望どおり。

「自由に飛ばせる」ために、希望もちゃんとかなえてくれる。
ほんと、このあたりが「絶妙」と思う。 (いや、もちろん、希望じゃない年もあるけど!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近の第2ハードル。

明日は、超ビッグイベント。
千人のパーティのメイン司会をつとめる。
日航東京。
千人のパーティって、どんなじゃ?
ネイルして、ドレスきて、ヘア&メイクも頼んで、形だけはゴージャスに。
さて、中身が伴うかどうか、久々の大舞台に挑む・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近の第3ハードル。

来週末から1週間、オランダ&ドイツへ教育視察。
オランダは先進的な教育メソッドの取り組みで、フィンランドに次いで注目の的。
小学校や保育園、玩具&教材メーカーを見てまわる。

「お遊び」ではないので、事前の下調べも同行の先生探しも、「超マジモード」。
どんな収穫物をもってかえれるやら、未知の世界にドキドキ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハードル次々越えて、また戻ってきます。
コケルかもしれないけど、コケながらも、ちゃんと走りぬいてきます!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事モード!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。