2011年12月30日

初スキー in 万座


家族4人で、はじめてのスキー、万座温泉へ。

すっかり宿とり名人になったshunが、とてもお湯のいい宿を見つけてきた。
乳白色の硫黄泉で、露天風呂から目の前の山々の雪景色を堪能できる。

肝心のスキーは。
滑り始めて半日の、タイシの発言に集約されている。

「こんなおもしろいもの、どうしてもっと早くに教えてくれなかったの!!!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たいしの上達ぶりは、めざましかった。
親バカ承知の発言だけれど、
またまた、「この子の将来は可能性と希望に満ちている!」と
単純明快な子育ての喜びに、非常にワクワクした3日間だった。

今回のタイシのスキー初体験に際し、
私とshunができたことは、本当にまったくいつもと同じことだけだった。

最初の基本動作だけは教えたけれど
あとは、後ろからついていき、
「いいぞ! すごい! その調子!」と声をかけ続ける。 以上。

時々、彼が転べば。
彼の視界に入るところまで近づいてやり、
「大丈夫だよ、転んでいいんだよ。」と目で合図を送ってやる。

本当に、それだけだった。

でも彼は、みるみると、自分で感覚をつかんでいった。
「これでいいんだ」と思える安心感、自己肯定感と
「もっとやりたい」という情熱さえあれば、
子供は、伸びていく力を十二分に秘めている。

その子育てのセオリーどおりの3日間だった。

タイシは、とてもとても嬉しそうだった。



いつか、鼻はへし折られるときがくる。
ほっといても、そういう時期はくる。

今、この時期、まだまだ、彼の万能感をめいっぱい引き出しておいてやること、
それが親の役目だと思っている、
それしかできないと思っている。


それにしても、shunはすごいと思う。
こういうことを意識してしている私と、
無意識に、とても自然にこの役目をはたしているshun。

IMGP1097.JPG IMGP1110.JPG ski2.jpg


楽しかったね。
リリカも来年くらいから一緒に滑れるといいね。



posted by takonosuke at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

Merry Christmas!


今年も無事に、笑顔でこの日を迎えられたことに、心から感謝します。
Merry Christmas!!


IMGP1024.JPG
ささやかだけれど、ママの手作りケーキで、Happy Christmas!

IMGP1036.JPG
キャンドルライトで、クリスマスソングをバックミュージックに、カンパーイ!

IMGP1043.JPG
我が家ではめずらしい洋食ディナーにみんな満足♪

IMGP1062.JPG
タイシとリリカには、絵本のプレゼント。
Shunには恒例の家族のPhoto bookを。 喜んでくれてよかった。

IMGP1084.JPG
キミたちの笑顔が宝もの。



今年もありがとう。
来年もよい1年になりますように。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by takonosuke at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

七味五悦三会


職場の同僚が、半年ほど前に
「七味五悦三会」という言葉を教えてくれたのを、ふと思い出しました。

今年1年を振り返って、
7つのおいしかったもの、
5つの楽しかったこと、
3つの印象的な出会い、
を思い出す江戸時代の人々の習慣。


今年は、目がまわるほど忙しく、
また、ニューヨーク、ジャカルタ、上海と、出張も大変多く、
同時に子供たちはおおいに育ちざかりのときを迎え、
あまり日常を省みるような時間はもててこなかった。

でも少し早めに休みに入れる今年、
少しでも1年を振り返っておきたいなあと思っています。

出張といくつかの旅行、飲み会のおかげで、
おいしいものにはたくさん出会えたように思います。

楽しいことは、山のようにあったし
感謝すべきいくつかの出会いもありました。

一方、この1年、
おおいにバランスを欠いた年でもありました。

仕事に没頭しすぎた時間、
(夜中のオフィスの暗闇の中で仕事していたり、早朝仕事を続けていた夏のころ・・・)
家族に助けてもらった数々の出張、夜の会議、仕事まわりの飲み会。
すべてのことに全力で駆け抜けようとして、最後に体調を崩した年末。

とてもじゃないけれど、振り返れば100点はつけられない。

「一生懸命やった」のと「結果がどうであったか」は、必ずしもイコールでない。

一生懸命駆け抜けたけれど、結果が見えてこない、
もしくは自らゴールを見失っていたような1年だったかもしれない、

そういう意味ではとても苦しかった。
いくつになっても成長していないなあ。


一年間の出会いと出来事たちに、心から感謝しつつ、、、
来年は、もう少し、肩の力を抜きながら、
バランスを大切に、ひとつひとつを大事にかみしめながら歩くような1年にしたい。


(・・・もしかして・・・。毎年、こんなコメントを年末に残してないか!? 苦笑)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。