2009年09月06日

30半ばに思うこと

今日も玄米おにぎりをもって、家族でピクニック。
タイシは、馬に乗って、パパと野球を7回戦までやって、アスレチック三昧と、大満喫。
リリカは途中で、木陰でお昼寝。
リリカにつきあう私も、かれこれ3時間近く、木陰で涼んでいたけれど、
おかげで一冊、本を読破。
マイナスイオンもたくさん吸い込んで、ああ、今日もいい一日でした。

本を読みながら、ポケ〜っと思ったこと。

私は、27,8歳くらいのときから、「なにがなんでも一番!!」を目指すことをしなくなった。
二番手、三番手くらいでちょうどいい・・・。  
たぶん、そう思うにいたるには、結婚や出産という、プライベートの安定感が影響したと思う。

30すぎたら、人の悪口をまったく言わなくなった。
(いや、それまでも、そんなに誰かを悪くいうことはなかったと思うけど、
「不平不満=グチ」という体裁でいうことはあったように思う)
子どもと仕事のある毎日はありがたくて、不平不満より「感謝」が多くなった。 
そのこと自体がありがたい・・・。

35が近づいてきた今気づくのは、
「誰かに褒められる」ことより、「他の誰かを褒めること」のほうが楽しくなった。
仕事の立ち位置も影響してるかもしれないけど、
少しずつ、物事を大きく見られるようになってきた気もしないでもない。

30代って、なかなか、いい。
尖りすぎてなく、焦りすぎてなく、心地よい安定感と自信と余裕もうまれてきて、
でも、まだまだ、何かをめざせる、何者かになれそうな気がする可能性にもあふれていて。

うん、30代は、なかなか、いい。
こんな私が、40に向かう頃には、どんな自分になっているんだろう???




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | わたし時間、ひとり時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきです。
わたしも誰かを非難したりせず、
許す気持ちでいたいと思います。
状況が悪いときほど、それを考え感じてます。
20代にはこういう域まで来られなかったな、と。
周りのさまざまを受け入れられるようになったのは、
食べるものが変わってからという気がしてます。
Posted by くろ。 at 2009年09月07日 21:32
くろ。さん>
そうそう、「30代だからいたれる境地」みたいなものがありますよね。くろ。さんの日記からも、ひしひしとそれを感じます。

食べ物は、本当に人を変えます。
私も、少し前の自分と、別人になったような気さえします。ほんと、全然、ちがうんですよ。
攻撃的?な面がいっさい抜け落ちました。
今は、愛でいっぱいです。(←自称。。。笑。)
Posted by takonosuke at 2009年09月09日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。