2012年09月23日

万国共通となりうる価値って



某大手音楽教室の海外展開を担当するかたにお話をうかがう機会をいただいたので、どうせなら、その機会を活かしたいと、以前から気になっていたその教室にリリカの体験レッスンのふりして潜入してみてきました。

ただ普通にピアノを教えるレッスンをするのかと思っていたので驚きました。

私が遭遇した先生がたまたまグレードの高いかただったのだろうか。

全身全霊で、音楽の楽しさ、味わい深さをプレゼンテーションする、エンターテイナーのような役割をされていました。

楽譜の読み方、鍵盤の扱い方などにとどまらない。ある曲をまずは自然に先生が味わい尽くして演奏してみる、その曲の生まれた背景、その作曲家の育ち、ほかに生まれた曲などについて幼児にもわかるように語っていく。

子どもたちの反応をみながら、情景が目に浮かぶように音楽の理解、深い味わい方を促していく。

そしてどの子の自由な反応も、そのままに受け止め、肯定し、意欲の芽を見逃さずに伸ばしていく。

ほぼ完璧なレッスンであるように見受けられたし、私がこれまで知らなかった世界であり、純粋に感動して、新しい刺激を受けました。

(それでも私はここは選ばず、リリカに個人レッスンのピアノ教室に通わせますが、、、理由は後日。)

この某音楽教室は海外展開でも一定の実績を出してきている。いろいろ調べてみて納得した。

「人生のなかに音楽があれば、より彩りある豊かな人生を送れるだろう。音楽を楽しむ人が増えれば、世の中はきっともっとよくなるだろう。」

彼らの提唱するこの基本的価値に異議を唱える人はいないだろう。誰もがうなづく、とてもわかりやすいシンプルな価値。

どの国にも移植しやすく、伝わりやすい価値。
外に持っていくなら、このくらいまでシンプルで、わかりやすくなくてはいけない。

自分たちが足らないものに少し気づけた。
新しい価値に出会えたこのチャンス到来に感謝。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293736059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。