2012年09月24日

おもちゃも万国共通である



台北で2日間にわたり開催された、「東アジア子ども学交流プログラム」に参加してきました。

この仕事について以来、ずっと尊敬して、迷ったときの心の拠り所とさせていただいてきた、小林登先生、榊原洋一先生のほか、中国、台湾の教育関係者が集まり、とても刺激的で、インスピレーションのわくインプットの機会をいただきました。

シンポジウム2日目で、東京おもちゃ美術館の多田千尋さんのプレゼンテーションがあったとき、また背中になにかが走りました。

良質で、子どもの本能をくすぐり、手ゆびにいい仕事をさせ、親子のコミュニケーションのよい介在物となるおもちゃ。
これらも、先日かいた「音楽教育の価値」と同様、万国共通なはず。

日本で提供しているおもちゃは、お客さんのニーズの深掘と、マーケティングの深化によってさまざまな付加機能(ときには余計ないらない機能)がついてきているがもっと原点に戻って、素朴で子どもの遊びの原点、彼らの本能に触れるようなおもちゃを、もう一度洗い直そう。

そして、現地の子どもたちの生活、遊びの姿をもっと見に行こう。
彼らは日本の子どもたち以上に、もっと自然(泥や水、葉っぱや棒切れ1本)を使った遊びに長けているはず。

彼らのその本能性を損なわない、良質な遊びを抽出して届けたい。
きっとそれは他の国の子どもたちにも共通して受け入れられるはず。

そのもととなるネタはすでにたくさん抱えている。日本のものをそのままはめようとするのではなく、遊びの原点にかえろう。

それらをもって、きっと彼らの国に入っていける。



image-20120923172013.png


おもちゃは人の笑顔を誘う。
東アジア各国の人たちが集まるなかでドッと会場を沸かせた多田千尋さんにあらためて敬服。よい気づきの機会をいただきました。先生、本当にありがとうございました。2日間ご一緒させていただいて大変光栄でした。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293991076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。