2007年09月27日

月の満ち欠け

今晩は満月ですね。
先日、鍼灸院の先生から、「潮時表」をもらいました。

9月と10月のカレンダーに
満月、新月、半月がいつかが記されていて、かつ、
毎日の満潮・干潮の時間(あわせて1日4回)が書かれてあるものです。

その時間帯にあわせて、家でお灸をして、お産(陣痛)を呼ぶんだそうです。

私はそういうのは苦手で、
おまじないや占いのように、なにかを信じて「願」を懸けてみる、                                                       ということを心理的にあまり好まないのですが
(私が寺社仏閣に手をあわせるときは、「△△△できますように」と願うのではなく
 「△△△できるようにがんばるので、見守っていてください」と祈るだけです。 
 運命より自分の力で変えていくことのほうを信じているタイプですね。)

ですが、その鍼灸師さん曰く、本当に、お産は、満月や満潮に連動するんだそうですね。

助産院で、潮時表を置いていないところはない、と教えられ、
私がお世話になっている助産師さんにも聞いてみたら、「そのとおり」とのこと。

お産を終えて、ふと時計に目をやると、「あ、ちょうど今、満潮時間だったね」ということが
本当によくあるそうです。

逆に、お産がうまく進まないとき、「満潮を過ぎちゃったことだし、ちょっと休憩いれようかあ」                                   なんていう判断もするそうです。
満月の夜には産院も混みあうなんていいますしね。

shunに話したら、理論的に、月の引力について説明されたけど(あっているのかは不明)、
理論で考えるより、なんとなく、
「自分の体のリズムが、お月さまと連動してる」と思うと、神秘的で、わくわくして、楽しい。

とてもいいお産をした友人が、自分のお産体験を
「宇宙からエネルギーが下りてきたみたいで、宇宙と一体感を味わった!」                                            なんていっていたけど
(私には残念ながら、ちょっとわかったようで、ちょっとわからなかった・・・^^;)
お月さまとの連動も、そんなあたりの感覚と相通じるものがあるのかもしれない。



・・・どうか、いいお産になりますように。
(少なくとも今晩のお月さまには呼ばれなさそうですが^^)




 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by takonosuke at 19:36| Comment(6) | TrackBack(0) | お産総論〜2人目を迎える〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が出産した日も、大潮でした。
その3日前が、たしか、新月。
その前後3日くらいで、どんどん産まれていて、一時は看護師さん、助産師さんの手が足りないほど。
その時期がすぎたら閑散としていくお部屋…。
迷信ではなく、事実のようですね。
安産を祈ってます!
Posted by ひなぐま at 2007年09月27日 22:39
久しぶり、もうすぐだねー。
こちらでマヤ文明について英語で学んだ時に興味深いなぁ、と思った事があったの。
それは太陽暦を見つけた古代マヤ文明では1年は13ヶ月と説いていた。
そうすると1ヶ月は28日!これは月の満ち欠けと女性の生理周期が関係あるとも、、、
しかしスペイン人宣教師がこの文明が残した本の4冊を残す全て燃やしてしまったので、詳しい事は分からないし、何しろ英語でだから私も分からない、アハハ。でも不思議よねぇ。

話はかけ離れるけど、たった一人の宣教師があの素晴らしい文明の歴史を殆ど焼失させた事にもショック。この事実を知らなかった。。。

出産という素敵な体験を思い切り楽しんでね!


Posted by ritz at 2007年09月28日 05:40
ご無沙汰してます!
久しぶりに読ませてもらって順調で素敵な毎日を過ごしている様子にとっても和みました。ちょっとお腹の中の赤ちゃんがうらやましくなるような毎日ですね♪
妊娠・出産って改めてとっても素敵!!
お月様にも大切な家族にも守られて、安らかなお産が出来ますように☆
ゼヒ、新生児に対面に伺いたいな!
Posted by しゅう at 2007年09月28日 07:21
ひなぐまさん>
そうだったんですね!
ふと思ったんですが、助産院ではなく病院でも
満月、新月にあわせて産科のスタッフ数の配置を
増減していたりするんですかね。
やってそうですよね。
今度きいてみよう・・・。

ritzちゃん>
マヤ文明、すごいね。
女性のバイオリズム、月の満ち欠け、神秘の世界だよね。

お産が早まる、遅れる、というのも
ひとりひとりの生理周期とも関係があるんだって。奥が深いね、体っていうのは・・・。

しゅうさん>
えーん、本当は緊張もしてるんですよー。
2人目とはいえ、・・・いや、2人目だからこそ、どきどきします。
がんばりますーー。

Posted by takonosuke at 2007年09月28日 08:13
この日記の日からしばらくたってるからもうお月様に呼ばれたかなあ。
でも、いよいよだね。赤ちゃんが大きいから早めに産むようなことを言ってたけれど、その場合、お月様との関係はどうなのかなあ。
お灸で呼べるだったらいいねえ。自然に。
私は、結局、6日間続いた陣痛の日々が始まったのは確かに新月の翌日だったよ。
新月の日は、ビデオで一人わくわくしながら、新月を撮影してたな。そしてその日は呼ばれなかった。

でも、最終的に促進剤を使うしかなかったから、お灸で自然に進められたらよかったなあと思うよ。
次はがんばろう。って、変だけど。

いずれにしてもいよいよ。
こちらもワクワクしてまってますよ。



Posted by kaz at 2007年09月30日 22:40
kaz>
前回のお産、そうだったのね。
私の今回は、とにかく赤ちゃんの大きさ次第なのですが、今のところ、なんとか自然な陣痛を待てる状態にあります。
予定日が10月13日なので、
その頃には別の判断があるかもしれません。

いずれにしても、私の場合、赤ちゃんの大きさからして早く出てきてくれたほうがいいのですが、
こればっかりは、赤ちゃんのご機嫌次第かな・・・。
Posted by takonosuke at 2007年10月01日 18:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。