2012年09月07日

夫の海外赴任から3か月が過ぎ


Shunの北京赴任も3か月が過ぎた。
少しずつ彼のいない生活に慣れてきてはいた。

一番困ったのは、固くしまってしまった瓶のフタを開けてくれる人がいなかったとき。
(Shun、こんなことでごめん、笑)
自分の握力ではどうしても空かなくて、途方にくれて、そのままゴミ箱にポイ、となった。

いつも当たり前のように頼ってきた人がいなくなった空虚感は大きい。

夜、2階で子供たちを寝かしつけたあと、1階に下りることが減った。 
ひとりの時間、空間を感じたくない。

ベッドサイドに小さなライトスタンドを買ってきた。
子供たちを寝かしつけたあと、そのまま、子供たちの寝顔をみながら、読書にふける日々が続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、朝から4歳のリリカはイライラしていた。
いつも自分でじょうずに髪を結ぶのだが、うまくいかないと言って、イライラして泣いている。

私が、平日の朝を忙しく過ごしながら片手間になぐさめていると
「ママは冷たい」といって、「パパ〜」といって泣き出した・・・。

こういうシーンは本当に参る。 彼らがパパを求めるとき、どうしてもその穴を埋められないことがある。

出社時間が気になる私が、洗濯物を干す手をとめずにいたら、リリカは「パパー」と泣きながら、パパのクローゼットに近づき、よろよろとパパの洋服をまさぐり、においをかぎ、顔をうずめて泣いている。

心底、まいった。

ごめん、リリカ。

思わず抱き寄せて、職場に遅刻することも覚悟を決めて、ずっとずっと抱っこしていた。
そして私も一緒に泣いていた。

ごめん、リリカ。
大人の都合で、子供たちとパパを引き離している。

世間一般の常識でいえば、
「ありえない、家族は一緒にいるべき、そんな小さい子がいて、そんなよいパパならなおさら」となる。

でも私たちには、私たちなりの事情と意志があって、この道をあえて選んでいる。
Shunと私は、意志をもって、Shunの北京赴任を決めていた。

でも、これは、リリカのタイシの意志ではない。 彼らに選択の余地はなかった。
たぶん、かわいそうなことをしているのだろう。

でもね、Shun(読んでいる?)、これをこのままで、「かわいそう」で終わらせてはいけない。

パパが北京で暮らしている、
ママはしょっちゅう海外出張に出かけていく、

でも我々だからこそ、意志をもって選んだ道。
家族4人があとから振り返って、
「パパが北京でお仕事をしてみて、ママが海外に目を向ける仕事をして、そしてこの数年、こういう生き方をしてきてよかった」と
家族全員が思えるようなところまで、この状況を昇華させなくちゃいけない。

Shunはきっと大変なのに、とてもがんばって慣れない環境での仕事に日々奮闘している。
それをここから応援して、あなたからのいいエネルギーを家族の中に還元してもらうこと、
そのエネルギーを受けて、私がここでがんばり、タイシやリリカが海外にも目を向けながら、前向きに視野広く育つこと、
負の回路に陥ることなく、そういうよい回路に転化させていかなくちゃいけない。

そのための努力を、しようと思う。

いままではママ業しか考えてこなかったけれど、ときどきはパパ的役割もしなくちゃけないと思っている。

いままでは、子育てで手に負えない部分は、遠慮なく放り出して、Shunが自然にキャッチしてくれていたけれど、
自分ひとりでも子供たちに対してバランスがとれるように、とても気を回すようになった。

当然ながら、真剣勝負で子供たちと向き合う時間も増えている。
これはひとつ、よかったこと。

この状況を、必ず良い地点まで昇華させたい。

安全、安定から外れることもあってもいい。
やりたいことを追い続けたい。
夫不在の中のワーキングマザー、条件は悪いと思われがちだが
きっと、よかったと思えるところまで持っていきたい。

そして、きっと、そうできるような気がしている。
そしてそれができたとき、きっと自分らしい、自分たちらしい人生だと思えるような気がする。

がんばるよ。
がんばろうね。




パパのTシャツを着こんではしゃぐリリカ
IMG_0822.JPG





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

新年を迎える


恒例の年末旅行。
昨年は小笠原で海を満喫。
今年は大井川のSLに乗りに、静岡へ。
丸子宿で1泊、寸又峡温泉で2泊して、のんびりしてきました。

のんびりし過ぎて、すでにお正月気分に入っていましたが
家に戻るとやはり現実。 せっせと掃除&おせち作りに励みました。

おかげで、「新しい年を迎えるんだなあ」とい気分になってきました。

おせちは

・きんとん
・黒豆
・田作り
・たたきごぼう
・きんかんの甘煮
・紅白なます

が完了。
あと2~3品作れる気がするけど、材料もとくにそろえてないので
こんなところかなあ。 

三元日は両方の実家めぐりをするので、毎年、少しずつお重に詰めて持参します。

このあと、お正月用の食器と、お重を出して、洗ってかわかして。
早めのお風呂に皆で入って、
夕食をいつものダイニングでなく、和室でお酒とともにゆっくりいただきます。

なんだかんだ、忙しく、キッチンに立ちっぱなしの一日だけれど
これをしてこそ、お正月を迎えられるような気もしてきました。 
それ相応の歳になったということかな??

明日は、リリカと私で着物も着る予定♪ 楽しみだな。



家族で過ごすことを重視する日本のお正月って、やっぱりいいですね。
子供が小さいうちはできるだけ、ていねいに過ごしたいなあと改めて思っています。


皆さんもどうぞ、よいお年を・・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

一人になれない


shunが、タイシとリリカを連れて、帰省してしまった・・・。
お盆とはいえ、仕事山積みな私は、東京に居残り仕事。

なんだか眠れない。
ひとりきりのベッドなんて、何年ぶりのこと・・・???

家族のいない我が家は広すぎて
その中にポツンといる自分そのものが、なにかの抜け殻になってしまったよう。

魂だけ、彼らについていっちゃったみたい。

私の一部が彼らで
彼らの一部が私である。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

ガラでもなく・・・

夫をネタにして申し訳ないですが、
shunがガラでもなく、日記をつけはじめた!!! ビックリ!!!!

こんなことはハタチの時に知り合って以来、はじめてのことです。

たぶん、shunにとっても、私が感じているのと同じように、
「幼い子どもたちの一瞬一瞬を見過ごせない、かけがえのない1年」なのでしょう。
飛ぶように過ぎ去っていってしまうであろう日々の出来事を
書き留めずにはいられないのでしょうね。

私もこのブログのほかに、リリカのための日記をつけています。
タイシの育休中も日記を書いて、それはそれは、いい思い出になりました。

さーて、shunの日記はいつまで続くかな?

ところで、先日の日記には
(あ、ちなみに、日記は家族にオープンです。タイシがすぐに読みたがるので。)
「たこのすけ、育児の疲れか、不機嫌」とありました、笑。

いかんいかん、笑顔の奥さんでいねば!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

おかあさん

私をよく知る人には、「またまた、大げさな〜・・・^^;」と笑われそうだけれど

私は、お母さんになるために生まれてきたんだなあ・・・
と、タイシの母親になってから、たびたびのように思う。

若い頃の学生生活も恋愛も楽しかったし
仕事をしている自分も好きだし、本を読むのも文章を書くのも大好きだし、
友達とワイワイ、おしゃべりするのも相変わらず楽しいけれど

これほどまでに、「自分はこのために生まれてきたんだ・・・」と、私に思わせるものは
ほかには、ない。

今日の朝ごはん。
久しぶりの青空を窓の外に眺めながら、タイシと並んでの朝食。

定番になってきた我が家の焼きたてパンと毎日のスープに変化をつけようと、
いつものスープに、カレーパウダーを落とし、タイシ好みにして出してやったら

「ママのご飯って、おいしいなあ・・・・・・」

と、しみじみしながら、ひと口、ひと口を、大事に食べているタイシ。
そしていつものごとく、ひと口ごとに、なんだか元気になっていくのだ。
(タイシはいつも、ご飯がおいしいと、座ったまま踊りだす・・・^^)

・・・幸せ。
私が、この子の、生きる力になれている。

私の人生に、これほどまでの幸せが待っているとは、
タイシが生まれるまで思ってもみなかった。

母親であるとは、なんと幸せ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by takonosuke at 22:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

ひさびさデート

shunと1年ぶりのデート。
妊娠5ヶ月に入ったので、水天宮にお参りにいった。
 
いつも、shunとタイシと私と3人で、行動するのが、                                                     我が家の当然のパターン。
ものすごく、意図的に計画しない限り、                                                       「shunと私」の二人行動はありえない。
 
1年ちょっと前のバレンタインデーに、
二人とも仕事の半休をとって、ちょっといい所めのレストランでランチ、                                       そのあと、お買い物したのが、前回。
 
2回目の今回は、水天宮参り→人形町の「今半」でしゃぶしゃぶ→                                                 渋谷でお買い物、のコース。


本当に、本当に、あまりに久々で
私はうれしさのあまり、その数時間の間、私のペースでしゃべりたおし^^;                                     shunは、ニコニコとがんばって、それにつきあってくれて、                                                お財布もはたいて、大サービスしてくれたのでした。
 
夫婦っていいなあ・・・!
いつの日か、タイシや次の子が大きくなって巣立っていく日があっても
私はこうしてshunと手をつないで歩けるんだ。
 
 

posted by takonosuke at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

お兄ちゃんになる

タイシを見ていて、「あ、もうこの子、下に弟や妹ができても大丈夫だな」・・・                                       と感じられたのは、ちょうど2歳になる頃だったと思う。
 
「自分しか見えてない」状態から、周りの人や物事をよく理解しはじめ、
「思いやり」「あたたかさ」のような感情の芽生えが、ハッキリと見えたころ。
 
3歳にもなると、だんだん、タイシのほうが待てなくなってきて
「たいちゃんちにも、赤ちゃんくるかなあ?」と、催促?するようになっていった。
 
もう彼のほうは準備万端、いつでもこいよ、という状況だったのだ。


だから、初めて伝えたときは、とてもうれしそうな、そして、                                                   なにかくすぐったそうな反応だった^^。
 
ダイニングテーブルの幼児用の椅子は、生まれてくる赤ちゃんにゆずって、                                       ボクは大人用に座る、という。
おもちゃ箱の中から、赤ちゃんが喜びそうなおもちゃを探し出してくる。
家族3人でおでかけすると、「今は3人だけど、もうすぐ4人だね」と笑う。
 
私自身が2人目のママになるという予感に、                                                               うれしくて、くすぐったいような 気持ちでいるところを
タイシが横から代弁していってくれるような毎日。
 
最初、「今すぐ、ママのおなかが風船のように大きくなって、                                                     明日にでも生まれてくる」のかと思ったようだが、
絵を見せながら、ママのおなかで少しずつ赤ちゃんが大きくなって、 
きゅうくつで狭くなったら出てくるんだよ、ということを説明すると
すぐにタイシなりに見通しをもったようだった。
 


タイシはとてもいいお兄ちゃんになれる。
兄弟ができるという大きな出来事を、ぐいぐい、自分の心の栄養にしていくんだろうな。

 
  
posted by takonosuke at 06:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

誰と、どこで、眠るか

『東京タワー』(リリー・フランキー)のオカンが
「食べることと寝ることは、すべての基本だから、                                           おろそかにしちゃいかんよ」・・・と言うくだりがあるが
本当にそのとおり、
ここをおろそかにすると、なんだか、生活そのものが温かみを失う。
 
誰と、どこで眠るのか、というのは、
人にとって、とても大切だと思う。
 
私自身、恥ずかしながら、                                                         結婚してからすっかり気持ちを落ち着けて暮らせるようになったのは
毎日、どんな一日を終えたあとにも、かわらず、                                      shun(夫)が横で眠っていてくれているからのような気がする。
 
「眠る場所」というのは、「帰る場所」なのだ。
 
小さな子どもの添い寝の是非について、とやかく論じる本があるが
私自身がこんな感じなので、息子が私にぴったり寄り添って眠る毎日に
なんの疑いももっていないし、
もはや、私のほうが、ひとりで眠るのはさみしい。笑。
 
寝ている間ほぼずっと、息子は、私の顔を触りつづけている。
なにか、安心するのだろう。
私も、なにか、それで安心して、ぐっすり眠る。
つながっているのだ。
家族だから。
 
私にとって、結婚相手を見つける(家族を作る)ということは
「隣で毎日、眠ってくれる相手を探す」ということだったのかもしれない。
 
・・・というと、shunに怒られるかな? 笑。 
 
 
zzz・・・ おやすみなさい。
 
 
 
posted by takonosuke at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

1/f ゆらぎの法則

lamp2.jpg
 
昨夜、shun(夫)の提案で、
バスルームにろうそくを持ち込んで、明かりを消して入ってみました。
 
shunは明かりを消すのがなにかと大好きで^^;
うちでは、リビングのクリスマスツリーのイルミネーションを見るために、
月夜のお月さまをのんびり眺めるために、
もしくは、遠くに打ちあがる花火を見るために、
ソファに座って、ゆっくり音楽を聴くために 
、、、と、しょっちゅう、家の明かりが消されます。
 
タイシもそのたびに、パパの隣にちょこんと座って
その雰囲気を楽しみ、いつも最後まで部屋の明かりをつけたがらないのは、決まってタイシです。
 
今日はろうそくの明かりで入浴タイム。
ふだんはバシャバシャと、湯船で遊ぶタイシも、雰囲気を感じて、しっとりモード。
ゆったりと、温泉さながらのバスタイムを楽しんだのでした。
 
「1/f ゆらぎの法則」というのを思い出しました。
川のせせらぎとか、虫の声とか、ろうそくに揺れる火とか、
一定のゆらぎの法則があって、実はそれは、人の体や心に流れる波長と同調するから
そのゆらぎに触れると、α波がでてきて、とてもリラックスできる、という話。
音楽でいえば、バッハの「G線上のアリア」みたいな、ね。笑。
 
あれ? 私ちょっと、疲れてるかしら!? 笑。
 
パパさん、癒しタイムを、ありがとう〜♪
 
 
 
posted by takonosuke at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

愛だよ、愛!

我が家のタイ坊は、背中をさすられながら、眠るのがすき。
私は毎晩、ゆっくり、ゆっくり、タイ坊の背中をさする。
 
今日も天井を眺めながら、ぼんやりと、さすり続けていると
「ママ〜 たいちゃんのほう、お顔向いてさすって・・・」と息子。
 
私: どうして?
 
タイ坊: えっとねー ママのお顔、すてきだから・・・
 
 
キュイーーーーーーーン!!! 
来ちゃいました。 ハートに。 ググッと!
 
キミはママが喜ぶ言葉をよく知ってるね〜。 2歳児にして・・・・!
 
・・・こうして、忙しくあわただしいような一日も
平和に、穏やかに暮れていくのでした。
 
ああ、、、今日もいい一日でした^^
 
 
posted by takonosuke at 22:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

3つの家族

先日、ゆく夏を惜しむべく、
義父母と、子連れの妹一家をまじえて、我が家でバーベキューパーティーを開いた。
 
夫のほうの家族とともにする時間は、
とてもにぎやかで、でも、落ち着きがあり、どこかあたたかで
心なごむ時間がゆっくり流れていく・・・感じ。
 
にぎやか、にぎやか、ひたすらしゃべる・・・  の、私の家系とは、ちょっと違う。
 
家族がそれぞれに好きなことを抱え、それぞれ、外を向いて生きているような家族の中で育った私は、家庭の中に、あたたかさを作る努力や、その意味や、その心地よさというものに
あまり目を向けることがなかったし、自分にはそういうことは無縁だと思っていた。
 
が、夫の家族に出会ってから、それが変わった。
 
家族の中で、思いやりを尽くすということ。 あたたかい言葉をかけあう大切さ。
なによりも、そのあたたかさと、居心地のよさ。
 
私がそれを意識するようになってから、私のほうの実家も、少し変わった。
たぶん、私が変わったから、親も変わったし、兄も少し変わった。
直球的な会話は減り、相手を思いやる言葉や、なにげない時間を共有するような空気も生まれた。
たびたび、皆で旅行にも出るようになった。 すごい変わりよう。
 
結婚して、新たに作る家庭は1つだが
夫と結婚したことで、私には新たに3つの家族ができた気がする。
 
私の「家族観」を大きく変えることになった、“夫の家族”。
そして、ここへ来て、生まれかわったような、“私のもともとの家族”。
そして、夫と作り始めた、“自分たちの家族”。

結婚して7年。
誰にも言ってないが、実は、
このことが、夫と結婚して、一番よかったことかもしれない。
 
 〓[〓〓〓[??????¨.jpg

posted by takonosuke at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

夏の夜の夢

こないだ、息子が心待ちにしていた、地元の夏祭りがありました。
ドンドコドン、ドコドコドン♪
 
タイ坊の、たった1度しか訪れることのない、2歳の夏。  かわいい真っ盛り。
その貴重な今を、忘れんなよ、ドドンガドン♪
忘れるもんか、ドドンガドン♪
・・・・と、和太鼓の強いリズムが、胸と体に深く刻み込まれるような、心熱い時間を過ごしました。
 
・・・^^。まるで、初恋のときのような心境の私。
女の子の母親でも、こんなふうに感じるんだろうか?
 
ところで、和太鼓の音をきくと、自分がれっきとした日本人であることを想います。
以前に、ロンドンにいたとき、ブラジルの友人たちとのパーティで、
次から次へと繰り広げられる、さまざまなステップのダンスと、彼らのリズム感に圧倒された記憶があるけれど、日本人には、日本人の記憶に刻み込まれた、独特のリズムが、ある。 間違いなく。
 
夏祭りから帰ってしばらくすると、今度は、夜空に盛大な花火が。
部屋の明かりを全部消して、夜空の大輪に眺めいる我等3人を包むように、
もうすぐ終わる、夏の夜が更けていったのでした。
 
 
まだまだ見てたい、夏の夜の夢。
 

posted by takonosuke at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。