2007年04月15日

咲いた咲いた

庭がもっとも賑やかな季節を迎えました。
色とりどりで、眺めているだけで幸せな気持ちになります。 

flowers 009.jpg
 
flowers.jpg

昨年は、ブルー&ホワイト系でまとめて、さわやかな印象だった庭が
今年は黄色をまじえて、はなやかな感じになりました。
 
今が一番いいときで、
春が進むこれからは雑草との闘い。
梅雨に入れば、害虫や病気との闘い。
夏になれば、乾燥と強烈な日差しとの闘い・・・・となります。
 
そのひとつひとつのために、手をかけることもまた、楽しいんですけれどね。
(とはいいつつ、基本的に丈夫な草花にしか、手を出しません。)
 
私がせっせとガーデニングに精を出すかたわら
shunとタイシは、近所の子どもたちと、何時間でも遊んでいます。
 
新しい(昔の?)遊びを子どもたちに教えたりして
いつのまにか人気者のshunは、本当にすごい・・・。尊敬。
 
私は庭仕事の片手間に、子どもたちと遊ぶだけ。                                                         それでも女の子たちは、水やりやら、植え替えやらを手伝ってくれます。
 
今日はこれから、やってくる夏の強い日差し対策に
2階のベランダから、麻ひもを落とし、にがうりの苗を植え込みます。
 
ツタが茂れば、南側のうまい目隠しとなって、リビングの窓を全開することもできるし
なにより、グリーンを通り抜けて吹いてくる風は、涼しげです。 
 
ナチュラルカーテン、うまくできるかな?
 
 

posted by takonosuke at 15:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデンだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

冬じたく

週末、近県の祖母を見舞うことが多かったこのごろ、週末を家で過ごしたのは久しぶり。
ようやく、庭の冬じたくを整えました。

 
garden 009.jpg
 

まずは、shunチョイスの、ヒメシャラ第二弾が到着。
以前の株立ちのヒメシャラとはまた違った風情で
これまた、最近購入したばかりのチークベンチとも、なかなかの相性で庭におさまりました。
 
 garden 004.jpg
 
冬の入り口まで咲き続けた、千日紅や日々草、アメリカンブルーなどをさっぱりさせて
冬の定番、マーガレット、シクラメン、ビオラ、ノースポールなどが入れ替わりました。


 これをしないと、クリスマスも、お正月も迎えられません。

garden 006.jpg

 

さて、我が家は、庭の優先度が高いのでこのあと、ようやっと、大掃除です^^;
ああ、でももう、日曜の夕方・・・。
ということは、またまた、来週に先送り・・・。
 
来週末は、大掃除とクリスマスと、これまた大忙し。
 
会社にも、家にも、「やるべきこと」だらけの12月だけど
それらぜーんぶを、見ないフリの日曜日。
 
家でゆっくり、コーヒーを淹れる時間のあることの、ああ、なんて幸せ。


年内、残りわずか。
今週も、がんばっていきましょう・・・!
 
 
 

posted by takonosuke at 15:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデンだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

楓、くる。

寒かったですね〜。
冬、到来。
 
我が家には、遠く三重から、カエデの木が届きました。
 
私は、花のことまでしか頭も世話の手もまわらないので
庭の木は、こだわって、こだわって、必要以上にこだわって(笑)、shunがひとりで見つけてくる。
 
お気に入りの植木屋さんや、ネットで見つけてきて、自分でせっせと植え込んでいる。
これまでに
シマトネリコや、ひめしゃらの株立ち、紅葉、                                                              私が好きなハナミズキに、実が食べられるジューンベリー。
 
ときどき、失敗もあるんだけど
殺風景だった庭に、だいぶ雰囲気がでてきて、なかなかいい味、かもしだしてる。


かえで.jpg

今日とどいたのは、トウカエデという楓の種類の「花散里」(はなちるさと)。
四季を通じて葉の色が7色に変わることから、別名を「メイプルレインボー」とも。
 
kaede (2).jpg
 
shunに似合わず(!?)、なかなか詩的なネーミング。 ^^  


そして、なにか、新しい物語が生まれそうな、やさしい風合い。
 
 
この冬があまり寒くなりすぎませんように。
 

 
 


 

posted by takonosuke at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

春への仕込み

我が家の庭では、来春に向けての仕込みがはじまりました。
 
すでに、もろもろの花たちで、わりとにぎやかな通り沿いの花壇は後回し。
まずは、芝生でフラット状態の中庭から手をつけることに・・・。
 
・・・本当にフラットなんです。 (フラット=ただの平面。なにもない。)
 
そこで、重い腰をあげてはじめた、花壇づくり。
 
わりと、本格的ですよ。 こういうところは、几帳面です。笑。
 
@まずは、レンガを敷くスペースをつくり、土を固めます。
 この段階から、水平器をつかって、平坦に土を慣らすのが、なかなか大変・・・。
 
A固めてならしたら、その上に砂利を敷きます。
 
 レンガ1.jpg
 
Bそして、そのうえにコンクリートで基礎をつくる。
 (コンクリートって重い・・・。途中で私は根をあげ、コンクリートを練る作業は、もっぱら、夫の役割に。私はコテをすべらせて、仕上げに専念。これは楽しい。)
 
C2,3日してかわいたら、モルタルを練って、レンガを積み上げていきます。
 下は製作途中。
 
 レンガ2.jpg 
 
水平器をつかっても、本当に、でこぼこにならないように積み上げるのは、とても大変。
でも、そのおもしろさにはまって、途中からは、休みなく、一気に仕上げました。
 
あとは、土をいれたら、できあがり。
なんとか、11月中には、出番待ちの球根たちを土に入れてあげられるかな。
 
以上、やってみれば、シンプルな花壇づくりですが、
横でちょっかい出したり、「野球やろうよー。野球〜。」と催促しつづける息子を横に、作業をすすめるのはなかなかハードルの高いお仕事なのでした。
 
パパさん、おつかれさま〜。 われらにしては、なかなかの出来では? ^^
 
春をまちのぞむ、気の早い我が家の庭から、でした。 
 
 

posted by takonosuke at 07:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデンだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。