2011年10月16日

Lilyca's 4th Birthday


リリカ、4歳になりました^^。

だいぶ長く整った文章で、おしゃべりを楽しむようになってきて
一日に何度も、家族の顔をほころばせてくれます。

そして、パパにも、ママにも、お兄ちゃんにも愛されて
リリカはみんなの癒しの存在なのです。

リリカ、立派な4歳になったね。
お誕生日おめでとう。


11-10-16_001.jpg

リリカ仕様で作った、Peach&Yogurtのケーキでお祝いバースデー

IMGP0745.JPG

プレゼントは、おままごとにも活躍できそうなテント。
こちょこちょ細かいことが好きなリリカの遊びに、きっとピッタリハートたち(複数ハート)

IMGP0774.JPG

ますます輝いていく、リリカに乾杯ぴかぴか(新しい)
このままのあなたで、伸び伸び生きて!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

タイシ絶好調!


7歳、タイシの勢いが止まらない。

相変わらず、
●つり
●野球
●将棋....の日々。


今日の個人面談。
「細かいところはいろいろあるけれど、気にならない程度。
本人の目の輝きを見てればわかる、たいし絶好調!」の認識は
担任の先生ともそう変わらず。

「授業中のおしゃべりが過ぎますね〜」とだけ注意されたけど
ママが小学生のときは、もっと叱られていたよ^^。 だからいいことにしましょう、笑。


子供が「二重丸」だと、すべてよかったような気になる。

毎日は、細かいことやうまくいかないことも含め、それはそれはいろいろあるけれど、
子供たちが、前を向いて、上を向いて、スクスク伸び伸び育ってる。 
毎日「楽しかった!」と笑顔で帰ってくる。

これが、すべてのバロメーター。
この笑顔のために、がんばらなくちゃいけない。

どんなに忙しくても、彼らの顔を曇らせるようなことがあってはいけない。


・・・・と、肝に銘じつつ、今日も、ママもママのがんばるべきことを、がんばるよ!

IMGP0621.JPGIMGP0705.JPG

3連休でいった、かじや旅館(@南牧村)にて。
楽しかったね^^ また行こう!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

日常をいったん離れて


半年ぶりくらいのshunデートの日。

本当に久しぶりに(一緒にいくのは何年ぶり?)、
マチネのお芝居をみてから(劇団四季「思い出を売る男」)、
旧芝離宮庭園(@浜松町)を一緒にお散歩。

11-09-14_001.jpg

都会の真ん中にこんなオアシスがあるとは、
とても癒されるスポットで、
水辺をいく赤トンボを眺め、秋の到来を感じながら、ゆっくり散策しました。

そのあとは恒例の(・・・っていつぶりだ?)2人飲み、

この日のshunはとても饒舌で
私があいかわらずバランスを逸していることについて
さまざまな角度から説得を受け、諭してもらい、
そのこと自体が、なぜかとても心地いいと感じながら、彼の話に聞き入りました。

shunお気に入りのbarにも連れていってもらい、
そんなこと自体が、とても新鮮。
(3歳、7歳の子がいるという現状ではあまり想定できない場面設定)


日常は飛ぶように時間が過ぎていき、
私とshunのコミュニケーション時間もあまり足りてない。
じっくり話すとわかる、愛されている。
やっぱりこういう時間はとても大切。

1か月に1度くらいは2人デートしよう! という目標が成立。
はたして実現なるか?


でもとにかく、とても大切な時間であることを再確認。
shun、いろいろすみません。 そして今日は、いい時間をどうもありがとう。


・・・とblogに書いたら、怒られるかな、笑???






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

2011、夏がゆく


あっという間の夏が過ぎていってしまう。
慌てて夏を追いかけるように、やっと出かけた夏旅行。

今年は、十和田湖&奥入瀬渓谷。

震災募金もたいしてできていなかった、
だから復興支援の意味も含めて、東北を選んだ。

そして、十和田湖は特別な場所。

父と私が、遠い昔に二人だけでいった、唯一の旅行の地。
たしか小学生だったと思うけれど、奥入瀬渓谷の美しさが目に焼き付いていた。

IMGP0401.JPG   IMGP0450.JPG 

やはり美しかった渓谷。       八幡平までの爽快ドライブ。 


IMGP0521.JPG

帰りはビール&チューハイ&ジュースで乾杯!
たまには新幹線旅行もよかったな。


ママ不在の多かった8月、
子供たちはますますパパっ子になっていて、Shunのお世話度もほぼ完ぺきでした、
パパさん、おつかれさま&ありがとう!

いってみたら、まだまだ見切れていない東北の魅力を実感。
またいこうね。 今度は秋かな。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by takonosuke at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

リセット


圧倒的にcapacityオーバーな日々。


ニューヨークとの時差は11時間。 完全に、朝と夜が逆転してる。

米国向けの仕事をはじめて、
ついつい、向こうの時間にあわせたワークスタイルをとってしまうと
自分が日本の時間を生きているのか、NYの時間を生きているのか、
だんだん体の感覚がおかしくなってくる。

8月は、ロス→サンフランシスコ→NYの出張を終え
今は、時差ぼけまっただなか。

時差さえなければ、といつも思う。
時差さえなければ、もっとやれることはたくさんあるし、
心や感覚をあわせることも、もっとたやすいはず。

・・・なんで地球は丸いんだろう、苦笑。


今日、3,4週間ぶりに自分のスイッチを切って、本当にホッとした。
リリカのお昼寝を口実に、午前中と、午後と、2回も眠ってしまいました^^



いっぱいいっぱいで、混沌としている自分の中の曖昧さを
ひとつひとつ棚卸し。

9月を迎えたら、そんなことにも少しは時間を使いたい。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | わたし時間、ひとり時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

バランスってナンダ


人生の成功の秘訣、幸せでいられるキーのひとつに、「バランス」がある。

これはまちがいなく。
そう確信してこれまでの人生を歩んできて、
バランスをとるのは得意技のひとつ、と思ってきたけど、
ものの見事にバランスを失うときもある。

私の中の一番ってなんだ?

女であること。
母であること。
妻であること。
職業人であること。


夢中になること。
家族に尽くすこと。
子供をいつくしむこと。
仕事に没頭すること。
人を愛すこと。
夢を描くこと。

バランス、バランスと思いながら生きているけど、
自分の奥底からの叫びみたいなものが聞こえるときもある。

普段、バランスをとっているだけに
その叫びに耳をかたむけると、とたんに足元がぐらつくように感じる。




苦しい日々、もう少し、このまま走る。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

震災から2週間

緊張と悲しみの中で2週間が過ぎ
こんな中でも、時間は過ぎていくこと、ゆっくりだけど、ちゃんと春が近づいていることを、
不思議にも思う。

3月11日。14時46分。
秋葉原の取引先ビルで震災にあい、ひと晩を過ごした。
家族4人がバラバラで連絡がとれず、不安だった夜。
タイシとリリカは、連絡がつかない中でも、近所のかたのご厚意でお迎えしてもらっており
しゅんは高田馬場から深夜に徒歩で帰宅。 私もやっとの思いで翌朝、帰宅。
そこでテレビを見て、あまりの惨状に唖然とした。

悪夢はそこで終わらなかった。
地震、津波につづいての原発事故、農産物汚染、水質汚染。

職場もバタバタの対応におわれ
こんなときこそ、家族第一優先でいたかったのに
日中は職場を優先せざるをえなかった。
典型的な日本人思考の自分に、自嘲気味だった2週間でもある。

原発には本当にひやひやさせられた。
荷物をまとめていつ逃げ出そうかと、腰を浮かせ気味だった。

3歳と7歳の子どもを抱えた母親の立場としては、当然の心境だったと思うけど、
shunは落ち着いていて、冷静で、私と温度差があった。
そのことにもイライラしたし、落ち込んだ。

でもしかたなかったかな、とも思う。
自分が感じた不安と恐怖は、子どもをもつ母親の本能のようなものだったんじゃないかな。

糸井重里さんが「ほぼ日」で語っておられたけど
こういうときは、右往左往するものだし、右に逃げるか左に逃げるかは、最後は自己責任。
皆、自分の嗅覚で、とっさの判断で、右にも逃げるし、左にも逃げる。
その「右往」も「左往」も、それぞれに尊く、尊重されるべき判断だ、と。

でもその「嗅覚」「センサー」が正しく働くための、正確な情報だけはほしいけど
政府は、なかなか、「本当にほしい情報」は語らない。
だから、正しそうな情報を集めるのにも、本当にパワーがかかった。 
多くの人が同じ思いをしたのではないかと思う。


結局、逃げずにここにいる。
保育園と小学校、学童の、お弁当対応やら、時間短縮や、そんなことにも追われて、
仕事もイレギュラー対応がつづき、
このめまぐるしさと、この緊張感とを、両方味わいつづけるのは、とてもしんどかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京は、日本は、こんなにも
あやうく、壊れやすい社会システムの上にあったのか。

砂上の楼閣だ。

電気を光々とつけて、エネルギーを大量消費して、
それが日本が成し遂げてきた成功の証であるかのように、幸せを享受してきた、
でもそれが、原発のこれほどまでのリスクとすぐ隣り合わせにあるものだった、とは
これまで気づかなかった。

地震も津波も、昔から日本にあったものだけど
これほどの脅威を感じたことはなかったし、
自然はあまりに大きく、人の営みも力も、自然の偉大さを前にして、
あまりに小さなものだった。

我々はどこかで、謙虚さを忘れていなかったか。

なにか「あたりまえ」だったものが崩れ、
日本が、自分たちが、
どこかの道でチャネルを間違えて歩んできてしまったのかもしれない、と
感じざるをえない2週間の出来事だった。 (まだ終わってないけど・・・)



なにかが変わるかも。
変わらないといけない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


亡くなられた方々とご家族に、心からお悔やみ申し上げます。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by takonosuke at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

新年を迎える


恒例の年末旅行。
昨年は小笠原で海を満喫。
今年は大井川のSLに乗りに、静岡へ。
丸子宿で1泊、寸又峡温泉で2泊して、のんびりしてきました。

のんびりし過ぎて、すでにお正月気分に入っていましたが
家に戻るとやはり現実。 せっせと掃除&おせち作りに励みました。

おかげで、「新しい年を迎えるんだなあ」とい気分になってきました。

おせちは

・きんとん
・黒豆
・田作り
・たたきごぼう
・きんかんの甘煮
・紅白なます

が完了。
あと2~3品作れる気がするけど、材料もとくにそろえてないので
こんなところかなあ。 

三元日は両方の実家めぐりをするので、毎年、少しずつお重に詰めて持参します。

このあと、お正月用の食器と、お重を出して、洗ってかわかして。
早めのお風呂に皆で入って、
夕食をいつものダイニングでなく、和室でお酒とともにゆっくりいただきます。

なんだかんだ、忙しく、キッチンに立ちっぱなしの一日だけれど
これをしてこそ、お正月を迎えられるような気もしてきました。 
それ相応の歳になったということかな??

明日は、リリカと私で着物も着る予定♪ 楽しみだな。



家族で過ごすことを重視する日本のお正月って、やっぱりいいですね。
子供が小さいうちはできるだけ、ていねいに過ごしたいなあと改めて思っています。


皆さんもどうぞ、よいお年を・・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のなかで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

Thanks, 2010


忙しかった2010。
もうそれはそれは嵐のようであり、我ながらなにかの喜劇を見ているようでもあったけれど
子供たちは毎日、とてもかわいかったし、shunもやさしく、よきパパ、よきだんなさんでした。

私が、毎日バッターボックスに立って、
猛スピードの剛球を浴びつづけて、悲鳴をあげそうになっていたとき
隣の席の先輩がメールでささやいてくれた。

忙しいのは期待されている証拠。
皆に必要とされていること。
忙しいのはありがたい。
(だからがんばりなさい。忙しいけれど、あなたはこれでいい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事も忙しいし、家でもいつも動いてる。

でもその在り方が、今の私の充実度そのものだ。

走り続ける中でこそ見えてくるものもある。


MyPrivate2010

*タイシの小学校入学
*リリカがかわいい真っ盛りの3歳、秋には七五三
*結婚11周年、夏の北海道旅行

MyWorks2010

*3月のオランダ教育視察
*新小1向け新商品立ち上げ

MyHopes2011

*英語がんばる
*仕事で新境地開拓
*3月ニュージーランド計画
*家族のための、引き続きごはん&お弁当作りと健康キープ
*shunともっと話す時間つくる (はやく寝ない・・・)
*自分を振り返る時間をもつ (もちたい・・・)


・・・と、あいかわらず、すでに欲張り気味(汗)
適度にバランスとりつつ、2011も走りつづけマス!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | わたし時間、ひとり時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

ナイス! ベジカフェみーつけた


久々にいいベジカフェを見つけました。

今週は、DVDの編集&録音作業で、麻布十番のスタジオにどっぷり。
スタッフの人たちはみんなタバコを吸うので、煙モクモクに耐えられず・・・
食事時間だけはスタジオを抜け出して、ひとりでお気楽ランチ&ディナー。

たまたま近くにあったベジカフェをチェック、いってみたら、大当たり〜!
ひさびさに、「おいしくって、体にほっこりやさしい」お店でぬくぬくした気持ちになりました。

eat more greens
イート モア グリーンズ (麻布十番)


今日のランチは
「彩り野菜とレンズ豆のサラダ。〜ごぼうと黒酢のドレッシング〜(自家製ブレッドつき)」


うーんいいねぇ、家でもこんなメニューで作れたら、素食生活も、もっともっと楽しくなるのになぁ。

ちょっといい機会なので、私のお気に入りのベジカフェランキング。
(最近、なかなかいけてないけど、またいきたいなあ・・・)

1位  DEVA DEVA CAFE (吉祥寺)

     SOYチーズのピザが最高にウマイ!!
     息子がどうしても「ハンバーガーが食べたい」というので、
     ここでデートしたことがあります。

2位  PURE CAFE (表参道)

     デザートが全部おいしい!(なぜかここではスイーツしか食べたことない・・・)
     あまりにおいしくて、いったら、必ず、このお店のレシピ本を熟読してます・・・。

3位  BROWN RICE CAFE (表参道)

     クレヨンハウスの裏手で、ナチュラルハウスにも近いから、ついついよくいくお店。
     玄米ランチもおいしいし、横にあるショップでもおいしいお土産も買えちゃう。
     マクロ友達といったランチ、楽しかったな。

4位  KICK BACK CAFE (仙川)

     近場なのがいい!(というか、近場ではここしかない・・・!) 
     豆乳ベジラーメンのファン。 子連れでライブも楽しめるので◎。
     ヴィーガンメニュー以外のしっかりメニューもたくさんあるので、
     SHUNも誘いやすい店。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 素食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。