2010年09月06日

外飲み記念日


はじめて、だと思う。 たぶん。

タイシが生まれてから、はじめて、shunと二人で、夜、外で飲んだ。

子供たちを混ぜて、3人で、とか、4人で、とかは、あったと思うけど。
そして、shunとも、二人だけで外ランチ、は何度かあったけど。

夜の二人飲みは、はじめてだった。この7年間で。


実母に子どもたちを任せて、二人の都心での仕事がたまたま重なった帰り道。
学生時代にしょっちゅうブラブラしてた、なつかしの馬場で飲んだ。

私が、しゃべりたいだけしゃべって、
shunが「うん、うん」と聞き役になってくれる、
この構図は、大学のときから何も変わってない。

子供たちのこと、将来のこと、仕事のこと、旅行のこと
あのとき・・・学生時代、ハタチで出会ったころに比べたら、
話したいこと、話すべきことが格段に増えていて、
その分、居心地のよさも増しているような。
本当に楽しい夜だった。

たまには、shunをひとりじめしちゃおう。

私とshunが結婚してなかったら、タイシもリリカも、なかったんだぞ!!!

胸をはって、ときどきは、みんなのshunを、ひとりじめしてしまいましょう・・・。




・・・チョキン、パチン、ストン。
いい夜、また来ますように・・・。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ビーズのネックレス

夏風邪で、久々の高熱を出した2歳のリリカに付き添って
久々に、2日間の休みをとった。

めまぐるしい日々の流れを、ぱたっと止めてくれた、リリカとの時間。

具合が悪くてご機嫌もイマイチなリリカに
ゆっくり、時間をかけて、
ビーズでネックレスを作ってやったら、ホッコリの笑顔。

ああ、なんてかわいい。
今日、元気のない彼女に、ビーズのネックレスを作ってやれて、
わたし、本当によかった。

「忙しくて仕事休めないから」と、バタバタと実家母を呼んだりしなくて、本当にヨカッタ。

自分で歩いていてわかるけど
わたし、たぶん、今、人生で一番イイときを歩いてる。

こんなにかわいい1年生の息子と、かわいい2歳の女の子がいて
彼らは本当にいとおしく、これ以上の幸せは、私にはありえない。

その「今だけ」の幸せを、私は本当に満喫できているのかしら? と不安がよぎる。
毎日、家にいて、毎日、彼らの喜びと悲しみと愛らしさを、全部全部、受け止めていたら
私はもっと幸せかもしれない。

そんな不安な波もあるなかで
今日、彼女にネックレスを作ってあげられて、本当によかった。



リリカのお熱がはやくよくなりますように。
この幸せを、一滴もこぼすことなく、感じつづけていられますように。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

男の子、女の子


リリカ育てが、とても楽しい。

2歳半ばを過ぎ、“女の子モード”に、次々スイッチが入っていく。

かわいい花柄のお洋服やちょっと素敵なスカートを着たがって。
(タイシはなんでもよかった・・・)

ママのお仕事をなんでもお手伝いしたがって。 
サラダを用意したり、お膳を整えたりと、2歳にして、すでに戦力^^
(タイシはそれより遊びたいことが山ほどあった・・・)


こちらが注ぐ、愛情の受け取り方も、少し違うように感じる。

タイシは、私やshunが愛情を注げば注ぐほど、その栄養を違うエネルギーにかえて
外に外にと伸びていった。6歳になった今もそう。

こちらが注げば注ぐほど、それを糧にして、上に外に、興味を広げて
すごい集中力とエネルギーをその興味の対象に向けて没頭する。

おなかがすくか、よっぽど疲れたりしたら帰ってきて、少し休んで充電できたら
また外へ、外へと飛び出していく。 私は、基地であればいい。

一方、リリカは。
こちらがかわいがればかわいがるほど、リリカの内面が奥深く、豊かになっていくよう。
こちらが、「本当にかわいい」と慈しむと、それと同等の、もしくはそれ以上の愛情表現で
「わたしも大好き!」と返してくる。それほそれは、本当にかわいらしく、いとおしい。
女の子はこういうのが得意なのかもしれない。
誰かを愛して、より強く愛される能力を、こんなに小さなときから備えている。


ママとの二人デートも楽しむようになった。

タイシはパパとの体験に夢中だ。 釣り、野球、将棋。
リリカはママと、公園や動物園にいくのがすき。
そのうち、ショッピングやカフェでお茶、なんてのもアリかしら!?

女である私の、未知の領域を次々切り拓いてくれる男の子育て、
女同士ならではの興味や気持ちの共有を楽しめる女の子育て、

それぞれが、私の人生をますますおもしろくしてくれる予感。
楽しみに、大切に、歩きたい。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年05月21日

最近の出来事から

お葬式。
夫のおばあちゃんがなくなった。
自分には、骨になる前にやりたいこと、やるべきことがたくさんある、とあらためて思う。

おわらない仕事。
立て続く早朝出勤のときと、ストレスで家族にボヤいてしまうとき。
こんなふうにしかできないなら、仕事をやめたほうがいいのかなあと思う。
同時にそんな自分はありえないことに気づく、この出口のなさ、トンネルの深さ。

1年熟成の自家製梅酒。
これほどまでに、この1年で自分は熟成できたのか?と、思わずうなりたくなる、
味の深みと香ばしさ。
どんなに忙しくとも、今年も仕込もう、梅酒に梅ジュース。

年上の部下。
尊敬語と謙譲語と、心遣いと敬意が入り混じる、
日本語の、ああややこしいこと、間違いの多いこと、自分の未熟であること。

夫と飲む酒。
気安く愚痴れて、気安くもたれかかれる相手がいてよかった、助かった。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by takonosuke at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | わたし時間、ひとり時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

はじめての保護者会

はじめてのタイシの小学校保護者会は
今、自分がメインで携わっている新規事業の取締役会決裁の日だった。

どうにもこうにも、人任せにできないプレゼンと
ムスコのはじめての保護者会との天秤。 

ムリだ〜 そんな天秤・・・。

「当然、保護者会をとるよね?」と声かけてくる、職場の先輩ママ。
・・・うんうん、そうそう、はじめての保護者会は、とっても大切。
タイシを新しい生活に送り込んでやる意味で、私にとって、大切なイベント。

でも一方。
「*億の事業決裁。人にプレゼン譲って、それで本当に決裁とりいってるの?」と
天の声。(ダレ?)

天秤の結果、答えの出せない私は、
イチかバチかで、取締役会の議事順番にオーダーを出して
事なきを得る。

13時から1時間のプレゼン、
14時15分からの保護者会に30分の遅刻ですべり込みセーフ。
(間に合ってないけど!!)


1年3組。
タイシの教室で、タイシの机に座り、ほっと一息ついて、担任の先生の話やら
まわりのお母さんがたの自己紹介やらを聞きながら、なにげなく、タイシの机の
引き出しをひいてみた。

そこに入っていた1枚の紙キレ。


10-04-23_001 (2).jpg

ママへ
いつもたいへんだね。
ママ、いつもがんばってね。



・・・・タイミング、絶妙すぎ。
なんだこりゃ。 なんでこんなものが学校の机に入ってるんだろう。

家に帰って涙ながらにきいてみたら
「学校の休み時間にママに書いていた、まだ書き途中の手紙」とのこと。

・・・ああ、この子、
私のこと泣かすの、私を喜ばせるの、ピカイチに上手。



保護者会、行ってよかった、本当によかった。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 20:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

まぶしい春

宝物のタイシが、1年生になった。

名実ともに、ピッカピカ。

その姿の、なんとまぶしいこと。

集う一年生たちの、なんとかわいらしいこと。

型にはめこんでいくのが得意な日本の教育。
「雑草のように育ってほしい」と、迷わず公立校の道を選んだが
どうか、ここから「小さくまとまって」いかないように・・・。
「みんなとおんなじ」であることに特別な価値を見出したりしないように・・・。

大きく、自由に、タイシらしく。
学びの世界を広げていってほしいなあと思うのです。


タイシ、自由で、広くあれ!


ent 010 (2).jpg








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 22:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

本当にダメ親・・・


あーあ、ダメ親っぷり、本領発揮。

明日、この大雨だというのに、タイシのクラスは高尾山に遠足。

この夏から続いている、御岳・高尾山に住む天狗とのやりとりの結果、
卒園前に天狗に報告事項を伝えにいくのだとか。

それはいいけど、この大雨。
「レインコートと長靴、必携!」のお達し。

ところがタイシは、長靴、もってない。
18cmが小さくなったっきり、新しいのをまだ購入してやっていない・・・。

ああ、ダメダメだ。
明日、大雨だったらどうしよう。
タイシの小さな足が、ずぶ濡れになって、寒くなったら、かわいそうに。

タイシがひとりだけ、運動靴だったら、なんとかわいそうだろう。

ああ、ダメダメだ。
私に余裕があったら、きっとこんなこと、昼間のうちに気がついて買いに走ってやれたのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなで、いつもの「お隣さん」(同い年の男の子がいる)に助けを求めた夜22時。

長靴はないが、スノーブーツを貸してくれるとのこと。

やさしく親切なお隣さんに助けられて、その場で涙してしまいました。

ああ、子供か!? ご近所さんの親切にいちいち涙して、ああまったく情けない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな夜に、働くお母さんは、仕事をもってる自分を責めるのだろうな。

タイシ、ごめんね、ぎりぎりセーフ。
明日は、雨の中の遠足が少しでも楽しくなるように
早起きして、おいしいお弁当を作るからね。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

あーあ、言っちゃった・・・

オランダ・ドイツより戻りました。


オランダで同行いただいた、リヒテルズ直子さん
オランダ在住の教育評論家です。

いや、「評論家」というより「活動家」に近いかたで、
外から見た日本の教育の問題点をいくつも指摘し、
日本の政治や教育関係者に提言を続けていらっしゃるかたです。 
熱いかたです、ほんとに。

リヒテルズさんに、オランダの教育事情を紹介いただき、
まるまる4日間、あーでもない、こーでもないと、
日本の教育についてディスカッションを重ねるうちに、すっかり共鳴してしまった私は・・・

もののみごとに、最後のアムステルダムの空港で、思わず彼女に言い切ってしまった・・・。


「日本の教育は、我々がなんとかしますから。」


・・・いや、正直にいうと、「我々が」じゃなくて、「私が」といった気がする・・・汗。


ああ、この言葉を吐いて、勝手にその大きなミッションを背負って、帰ってきてしまった。
あいかわらず、私、言うセリフだけは、デカイ・・・汗。


とにかく今回の視察では、
脳天を打ち砕かれるかのような、いくつかの衝撃を受けて帰ってきました。
ひと言では言い尽くせないので、じょじょに語っていこうと思います。

「お産のありかた」でも、「健康と食のありかた」でも、
自分なりに突き詰めて考えた上で、「これだ!」と思えるポリシーを持つにいたったけれど、

「教育」のテーマは膨大すぎて、語りつくせず、
誰か任せの理論のうえに、都合のいい意見だけを言いまわしてきた。 
でも、そろそろ、未熟ながらも、
自分で真理を見極め、自分で語って、そのベクトル上のアクションを選んでいく、
そんなときがやってきたのかなあという気もします。

なにかの流れなのでしょう。
今回の視察で背中を大きく押された、私はきっと、どこかに向かって動いていきます。

とはいえ、さーて、どこから取りかかればいいのやら・・・。
まずは、今回の視察の収穫の共有からでも。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




posted by takonosuke at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事モード!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

子育ての、ひと区切り


タイシが卒園を迎えました。

手作りであたたかみのある、卒園式。

担任の手作りのアルバムや文集、スライド、調理室からのお祝いのケーキ。
途中で退園したお友達が届けてくれた折り紙、職員の人たちの歌声。

立派に卒園証書を受け取って、堂々と歌を歌うタイシの姿に、涙、涙、涙。

あーあ、6年間なんて、あっという間なんだなあ。

もっと味わうつもりで、もっとゆっくり歩くつもりで、
でも、あっという間に、ここまで来てしまった。

取り返せない、ここまでの毎日。
一日、一日が、宝物だったんだなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親は何もしなくても
ただただ、夢中に愛情を注ぎ込んでいるだけで
彼はまっすぐに、上に向かって伸びていく。

親の愛情を食べ放題の、かわいい我が家のちびっこたち。
大きく、大きく、大きくなぁれ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後ろ髪ひかれる想いですが、ママは明日から、オランダ、ドイツにいってきます。
タイシの卒園を見届けて。
ママも、ママらしく、飛んできます。

ちょっとの間、待っててね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by takonosuke at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

寿命が縮まる・・・


1000人パーティー、終わったーーーー!


自己評価、100点! (あくまで自己評価。)

飲んだ暮れて帰って。
3年分くらいのエネルギー、使い果たして。

声も高校生の声変わり期の様相。



こういう仕事のしかたをしていると
「仕事で寿命を縮めてるなーーーー」と思います。



それでも私は仕事をしてる。
それでも私は、まだ走る。


おやすみなさい。
今日もよく働きました・・・・・。


明日から、また私は、お母さん。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by takonosuke at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事モード!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。